超速アクセス!MY リンク集

当Webサイト管理人の 厳選!リンク集

*

天災回避 ~ 洪水ハザードマップ 等

水害を回避するには、
前日の 明るいうちに、クルマに  必需品を積んで、
大丈夫な場所に移動しておく!
 自宅に水が近づいた時は、遅すぎる!
■■■■■■■■■■■■
「雨が来る前に 反射神経的に とっとと車で逃げてしまう」
■■■■■■■■■■■■■
1.国交省のハザードマップで現在地の水没リスクを確認
「線状降水帯」など「レッドクラス」の警報が出るゾーンに住んでいる、
と気象庁の発表でわかったら
「降雨前日の明るい時間帯」に
「車で高台エリア、降雨や土砂災害から外れる地区」に脱出し
洪水をやり過ごす。
これが大事なポイントだ
その際
「銀行の印鑑、クレジットカード、健康保険証、現金、薬、
すぐ食べられる食べ物やお菓子、飲み物」
を忘れないこと
明日は大雨だ、とわかったら、
明日の雨量が なるべく少なくて
安全な地区のホテルや旅館に
車で移動しよう!
当面の生活にすぐ使う服や
お風呂セットや食料、
ペットなど積み込んで、
日中に宿泊先を決め 行動することだ。
■ ウェザーニュースの1時間予測は 精度も高くて使える
スマホで  全国どこでも
天気の予測を知ることができる。
■■■■■■■■■■
幸いにも「気象予報」は
ITも駆使され
事前に 雲も降雨量も
被害想定も出ている。
それを活用して
「とにかく前日, 明るいうちに逃げておく」
ことだ。
前日までに車で
必要な避難装備を持って
安全地区に離脱
つまり   同じ逃げるにしても
「タイミング」が大事!
■■■■■■■■■■■■■■■
●武田式避難法のメリット
(1)お金があれば、カードが使えれば、
逃げた先で避難生活が開始できる。
ホテルに泊まったり、
食料や生活物資も買える。
(2)あと、
車が生き残っていることは大事だ。
田舎では 車が使えないと
生活も復旧作業も すべてができない。
 ■■■■■■■■■■■■■■■■
 水没エリアは 10 m (建物で 2F) くらいは
当たり前に来る、と思っておいて ちょうどいい
 ゴムボートは 2F に ロープで 係留しておく。
 (固定しておくと、沈んでしまい、イザというとき、使えない)
 水がきたら、ゆらゆらボートが浮いて 手で
引き寄せられるようにしておく

サイト作成 アフィリエイト用 無料イラスト素材
イラストック【illustock】通信

リビンマッチ

リビンマッチ

CAMPFIRE

公開日:

Translate »