超速アクセス!MY リンク集

当Webサイト管理人の 厳選!リンク集

*

人生において健康、特に視力維持、回復が最重要!

   

私も 父が どんどん 家の問題を
「長男の私に任せた」で 先送りしてきた。

S君は 障碍者の妹を 還暦になった今も 看ながら、
90歳になる、痴呆症の母親の世話もしている。

ようやく、母親を 施設に入れられたようだが、
今度は、自身の目の病気、医者から注意され続けてきたのに、
仕事優先で来て、白内障、緑内障を指摘された。

2024/6/28
お互い、親から見れば 長男だから、
お家の事情での「頭の痛い決断」って 「お前に任せた」と、
なぜか 父母が決断すべき問題を、丸投げされて来た、って感じますよね?

お袋さんだと、自分の子なのに、長男が大人になれば、甘えたまま来てしまったように思います。
決断するより痴呆症、介護が先に来てしまった••••
(私の父の場合は、脳梗塞で要介護)

我々の世代で、とっくに家父長制なんて崩壊してたのに、思考回路は戦前のまま。
私も 店存続や、父が糖尿病入院を勧められた時
(脳梗塞の何年も前、当時、予兆だと私は指摘したけど、お袋、妹の都合を優先、私の意見はスルーされました)

「もはや家父長制なんか、敗戦と共に消滅したんだから、長男の権限なんか、亡くなった時代!
長男なんて one of children でしか、無いんだから、
世帯主の親父が 決断するしか、無いんだよ!
親父の人生なんだから、親父の意志で決めればいい。」

と親父に話したけど、 男親って、娘、奥さんの言い分(身勝手で感情的)優先で、
ほんと 長男の意見って、聞き入れなかった。

他の友人たちも、既に父は鬼籍で、母親が現在痴呆症ってパターン、多いです。

昨晩も、大阪の友人に、母親の痴呆症、介護対応の話をしました。
母親って、長男が大人になって しっかりしてると、
家の問題を、まるで丸投げって感じで、長男に任せて、老後に突入 ってパターンが、ほとんどかも。

みんな、といっても一人っ子でなかった長男が、たいていこんな経験者で、
こんな発言をしたら 差別だと言われそうですが
「兄妹のうちの女性には他人事な、長男だけの苦労」が大半、と体感してます。

我々、親世代の責任まで引き継がざるを得なかった 長男 だけしか、話したところで理解できません。
同じ親から生まれ、育っても、兄妹の人生観、価値観は、他人以上に違いますね。
女兄妹は 無理解、どころか、もはや修復不可能だったから、私は一家離散しました。

昭和60年(1985年)に、父母間でちょっとしたスレ違いがあって
「親父が倒れたら、いずれこうなる」と私が予測してたのが、現実になったのが 2010年、
自分の人生の残り時間が 25年、減ったことになりますが、
祖母、父が健在の間は、そんな発想すら、無かったです。

今となれば、意識的に 自分の人生、自分の自由時間(生き甲斐のある仕事は、それ以上の価値) を増やすのが、
私には、ベスト かつ唯一の対応策だと思います。

人生設計に関しては、自分の意志、判断!
コーチングもカウンセラーも、他人事でしか、無いと体感しました。

6/29
家族問題に ガチで対応、実践している我々の 人生を変えられるレベルのコーチ、カウンセラーなんて、ほぼいないでしょう。
少なくとも、日本には。
(日本のコーチも、コーチ21 等、いくつかの流派が、それぞれ私的な資格を作って、
その資格が通用しない大勢が、脱サラできない、というのが現実。
国家資格である FPすら、独立できず、保険会社等 金融機関の軒ベンならぬ、軒FPばかり)
1セッション $1万.数万ドルの アンソニーロビンス、コーチカルダン、マイケルボルダック等、
アメリカ大統領のコーチに就くレベルなら、直接受けたことが無いので、わからないですが。
(彼らの日本の弟子たちのセミナーには、ずいぶん参加したことがありました。)
このあたりが、年収億超えの経営者が受けるコーチのようですが、2008年頃、やたらコーチングが流行っていて、
私はずいぶん 異業種交流会で、モニターになりました。

当時、親父の介護と、祖母やら母やら、いろいろ家族問題もあって、
私の悩みが軽減されたこと、気休め程度でした。
やっぱり
「家族問題を抱えた経験の無い、若手たちには 無理だな。人生経験と生涯進化は必須だ!」
と悟りました。

コーチングを受けて、意外と机上の勉強だけのコーチが多いと実感しました。
我々は むしろ60年、無駄の無い人生を生き抜いているのですから、
現在は、自分に自信を持っていい!」と強く思うこの頃です。

今、現在進行形で 家族を養えていること そのものが、日本の億万長者レベルです。
国王、大統領、総理大臣から、億万長者たちも、家族が健康を害したら、お金払ってプロに任せてます。
介護にかける費用、予算、介護士の作業レベルの差だけで、我々の実生活と、相似形だと感じます。
大金があれば、可能な範囲が変わるだけで、本質は同じですよ。

最近はなんと!神社仏閣も、ブラック労働っぽいところが増えたようで、数年前に出雲大社の住職を辞めた友人(平塚) 、
住職が 高校からの同級生の付き合いで 母親の遺骨も預けているから バイトが辞められない先輩(前橋) もいます。

明治神宮崇敬会も、高齢化による会員自然減で、代表者の取りまとめをやめて、会報が神社から直送になりました。
もう私は、自分自身が 自分のコーチって感じかも。

今、世の成功者と言われる人々も、トヨタ、ユニクロ、ソフトバンク等、
経団連の大企業以外は、ほとんど我々より若手です。

楽天•三木谷会長、マネックス松本会長、丸尾•バリ島の大富豪アニキが 同学年だったかな。
ホリエモンも、不動産投資界隈のリーダー達も、株、為替界隈も、ほぼ若手。
青汁王子やヒカキンあたりは平成生まれ。

経団連企業、士業の事務所の役職を除くと、我々より年長の成功者は 数えるほどです。
今や You Tube 等で、アニキと言われ 尊敬されてる人々も 40代がほとんど。

これが何を意味するか?

「親の介護、家族問題、相続対策、高齢になってからの人生に関しては、我々が
彼ら 世の成功者と言われる人々より、先を生きている」
ことになります。

つまり、実体験、特に庶民レベルの人生経験は、我々が先に経験することになるから、若手に頼れない、
アドバイスされても 実感が今ひとつ。
我々自身に. 独立自尊心が必要ってわけです。
(そう意識して、人生設計を修正しながら生きている. 我々以上の人々も、また少ないですが)

私も、祖母、父と見送って、相続が争族になって、サバイバルして、ようやくこのことに気付きました。

>> 妹の原因不明の腹痛には困った

>我々、健康な人にはわからない、精神的なものが、影響してるのでしょうか?
妹さん本人の心情はわからないですが。
お袋さんがべったりだったようですから、動物的本能でお袋さんの体調不良に 共振してるのかも。

生きもの屋で、長年、世話してて、
目に見えない、学問に取り上げられない世界、能力が、けっこう存在してると体感します。

人間も動物だから、母子の見えない察知能力は、痴呆に関係なく存在してるそうですし、
実際、ウチの店にいた ウサギ、モルモットは、普段は 放し飼いしてても、家に戻って来ますが、
不思議と 死ぬ前は、本能で 人目に付かないところに行ったまま、になるパターンが多かったです。
だいたいの場所は、なんとなく子供のころの私も察知して探し出したり、見つけましたが、不思議な事実でした。

家族は変えられないから、
いかに自分を労い、できる範囲で、手抜き足抜き、サボって、自分の人生を守るか?
を気楽に考えて、時々、逃亡するのが 今できるベストな策かも。

2024/7/1
(私の 父方の祖母が 認知症になって、近所の市場でみかんを買っては仏壇の回りに積み上げる、
お湯を沸かすと、沸かしてることを忘れて、空焚きしてしまう。
夜な夜な 勝手に家の鍵を開けっ放しで 徘徊する。
ついに、孫がノイローゼになりかけたので、八王子・滝山病院に入院させた)

本人が、火をつけてること自体を、忘れているから、困りますよね。
当時はまだ IHなんか無かったから、何度か ヤカンが空焚きの衝撃で落ちる音を聞いたそうです。
今なら、IHに変えたら変えたで、うっかり触って、火傷するパターンで、これも困りますね。

>> 俺のことだけれども バイクに乗れる、というか車に乗れるの、あと数年かも
今日、なんか左目がおかしいと思って 片目つぶったら 一部が見えなくなっていた
前から医者に注意されていたんだけれども、こう早く進行するとは思わなかった
影響で反対の目の視力も落ちている
明日 医者に行くけど 失った視野はもうもどらない
失明だけは避けたいなぁ

> 目は本当に 最大限、気をつけたいですね。
人間、身体のどこが痛くても、具合悪くても、QOLが悪化しますが、
目が見え難くなると、日常生活にも支障が出ます。
クルマ、バイクも、夜、特に雨の夜は、危険になりますね。
(ツーリングも、泊まりなら、日没後は走らないようにしてました。
どうしても日没に間に合わない時は、裸眼の私が先頭を走ってました)

「前から医者に注意〜」
ジム通い、トレーニングしてるから、健康面は 加齢による衰え以外は、大丈夫かと思ってました。

日本って、成人後は メガネ、コンタクト着用している人の方が、裸眼の人より沢山いるから、
中高年になれば「老眼が進んだ」で、目の悪化は 見逃され易いです。

「目医者が メガネ着用してても 患者が何も不思議に思わない」
昔から私が感じている 日本の謎です。

長年、超肥満で ダイエットに挫折してばかりいた私には
「肥満外来の医者が、見た目にも肥満だったら、信用問題だ」と考えていたので、
眼科医が 目が悪いことに、ずっと違和感を感じてました。

視力を悪化させない or 回復させる指導が出来る眼科医、身近でしょうか?

私も、左右の視力差がある、いわゆるガチャ目です。
普段、両目で見てると、あまり気にならないですが、
モニター画面等、長時間見続けていると 眼精疲労が起きてしまうので、
こまめに 目の休憩を取り、晴れてる日は、目の日光浴を意識してます。

肥満でなくても糖尿病、にはなってないですよね?

目は 毛細血管が1番多いので、糖尿病とか高脂血症、中性脂肪過多でも、
血管が詰まり易い → 視力低下、視野狭窄になりやすい です。
内臓、内科系の指摘も、軽視できないです。

私の親父は 脳梗塞になる前、今思えば、いくつも前兆がありました。
糖尿病性網膜症になる前に、ファイザー製の血圧降下剤を 一生飲むよう、言われた段階でも、
長男の私の忠告より、妹たちの学費や お袋に渡す生活費を理由に、無理してました。
いざ、脳梗塞で倒れてから
「ヤッちゃん(私の名前、靖和だから) の言うこと、聴いておけば良かった」
と言われて、複雑な心境でした。

視力低下の原因によっては、回復方法はあります。
「目は悪くなったら治らない」という迷信が、日本では常識みたいで、
当たり前に メガネ作らせたり、コンタクトレンズの指導をしたりしてます。
が、私はたまたま身近な例で、名古屋の妹が 小学校高学年だったか? 中学生だったか?忘れましたが、
目が悪くなったと騒ぎになったのに、夜、テレビはもちろん、電灯をつけての勉強を控えたら、
子供の回復力だからか? ほんの2〜3か月で 回復したことがありました。

本人も忘れてましたが、私は この視力回復した現実を見て、
視力回復法に興味を持ち、自分なりに気をつけるようになりました。

肥満、糖代謝異常で、目の毛細血管が詰まらなかったのは、奇跡的にラッキーで、
免許条件もクリアー、一生、裸眼で過ごすつもりです。
医者じゃないですが、次に会う時に、目の話もしますよ。

「白内障は 腕利きの医者なら治せるけど、緑内障はまだ治らない」と いまだ、言われているようですが、
今は 人工水晶体も 40〜50年 大丈夫な時代(だから、50歳で人工水晶体に変えたら、一生、もつような感じ)
緑内障も治せる可能性がある、という医者もいた記憶があります。

>> 私の場合、職業病かと。
いわゆる VDT症候群 若い時 徹夜仕事で ブラウン管 見つめ続けていたので、
いつかはなるよ、と医者によく言われてました。
で 数年前にも ヤバいよヤバいよ も言われてきて 一気に今年 悪化した感じ

> DOS-V パソコン時代、ブラウン管モニターの頃から、目には良くない、と言われてましたね。
液晶が普及して、しばらく 視力への影響は騒がれなくなった、
と思ったら、ブルーライトが云々•••••
それも 前橋の ZINS の戦略だった、みたいに 最近はいう人も、出てきましたが。

モニターや液晶の、長年の影響は、未知数で、
我々が 現在進行形で、リアル治験してるような感じです。
今更、パソコン、インターネットを使わない生活には戻れないし、
地球上で電波、WiFi 、電磁波が無いところは もはや無いので、
この点に関しては、自分だけではどうにもならない、と観念してます。

>> 緑内障と思われるので回復は絶望的

この先生は、眼球が残っていれば、かなり回復させられる腕前かも。
深作眼科   https://www.fukasaku.jp/roppongi/

我々より若手なら
平松 類 医師 http://www.nihonmatsu.net/drhiramatsu/

ドライアイの治療の話もしてるから  VDT症候群の治療にも、理解があるかも。

私の肩の手術ではないですが、

医学界は本当に、腕前の格差が激しい。

どの医師に当たるか? で 完治できるか? 不治の病のままか? めちゃくちゃ違いすぎます。

いつもの病院で、納得いく治療が受けられれば、それがいいので、

私は今も、東十条サンハイツの一角にある「神谷橋眼科」で 目をチェックしてもらってます。

腕もいいし、細かく診て貰えてますが、年齢が 70代半ば?後半だから、一生、私が通院するには 厳しいかも。

親父の店の斜め向かいにも、眼科がありましたが(今もあって我々の1学年先輩)

麦粒腫など、よく見落としがあったので、すっかり医者、変えちゃいました。

眼科医の本も、ずいぶん読みました。

なので、親父の目の時も、人工水晶体が劇的に進化した、ということを知ってたので、

担当医の説明に納得して、手術しました。

曇りガラスを通して見てるような景色から、若い頃の感覚みたいに、劇的に視力回復できた感じでした。

>> ありがとう。 まずは近場で現状解析してもらいます。

実は 緑内障の自動検査機があるのは 知っているのです。四ッ谷のちょっとした眼科で診てもらいました。

その後の 坂戸の眼医者は 昭和な機械で話にならなかったけれども。

明日は 最新の機器が揃っているところで、直せないけれども 進行を遅らせる レーザー手術ができる との触れ込みです。

> 病院のシステム、本業でしたね。
レーザー手術、親父は、白内障だったので、人工水晶体に換える前に、何度か、受けてました。
家族も抱えているから、自分だけじゃない重責、
進行を遅らせるのも大切ですが、「根本治療ができるか?」も 検討する価値があると思います。

>> 十年以内に 人工網膜とか できればいいんだけれども。
あるいはiPS細胞の移植で なんとかできないかですね。
横隔膜変性は iPS細胞移植の治験が始まっているので、希望はかすかにあります。

> 人工網膜も 可能性がありますね。
あと、目そのものと同じように、神経伝達するサイボーグみたいな回路の研究もされていて、
こちらが かなり現実味があります。
iPS細胞は、親父が脳梗塞になった 2000年には、すでに研究が始まっていて、
親父も その治療が受けられるまで頑張ってましたが、いつ実用化されるのか? が気になります。

>> そうそう、一部始まっていて、形の認識まではできたらしいけれども なんせ画素数が低すぎる

> 高齢化が進んで、目が悪い、目が見えない人も、爆増するでしょうが、
目そのものが見えなくなっても、目の機能を代替する「人工眼球」みたいな技術が、
いずれ追いつく、と期待できます。
が、我々が生きている間に、実現するか? はわからないですね。  そこが悩ましいです。

既に、デジカメの画素数そのものは、人間の目の識別画素数を超えてるそうですが、
神経回路、伝達や認識、判断は まだまだ 生き物、動物として使えるには、
画素数以外の要素が多々あるようですね。

>> BMIが進むと 目という概念のものは もっと多彩なもの、複合的なものになるかもね
ほかのセンサーと組み合わせて••••まだSFの域だね。

> はい。目の仕組み、役割、神経伝達等はかなり解明されて来ましたが、
やはり自然の生命体に最初から備わっている 目そのものの代替には まだまだ至らない。
サイボーグの目に埋め込める、眼球型のセンサー付 超高性能カメラが、いずれ完成するとは思いますが、
我々には「今の自分の目を、いかに治すか?」が 最速の解決策ですね。

7/3
>> 私の目もうボロボロでした。緑内障で白内障 来週精密検査です。
失明したら私が被介護者ですね~

>失明だけは、何としても回避しましょう!
クルマ、バイクで スピード出せるってことは、緑内障、白内障も
まだ治療不可能なレベルまで 悪化してはいないと考えられます。
それに 本当に危険なら、検査を来週〜なんて、悠長なことは言わず
「紹介状を出すから、今すぐ◯◯病院の□□先生に 最速で手術してもらいなさい!」
となるはずです。
気付いて 早期発見、早期治療にかかれる、と前向きに 治療しましょう。

「最新の機器が揃っているところで、直せないけれども 進行を遅らせるレーザー手術ができるとの触れ込み」
緑内障、白内障、両方の疑いか?
片目ずつか?
「進行を遅らせる」にちょっと引っかかりました。

「直せない」でなく 「絶対とは言えないけど、出来るだけ、視力が回復するようにします!」
と言っている医師、今までシステム組んだり 出入したり、接点のあった病院、クリニック関係で、いませんか?
いなくても、腕利きの医師を 紹介してもらえるのでも、結果に大差が出ます!

あと、病院に いかに設備が整っていても、
活用してもらえるか? は医師の判断次第。

私の左肩も、最初に行ったクリニックは、MRI 、エコー検査といった、整形外科では設備が整ってましたが、
医師が私に それで調べることは無くて、単に、痛み止めの飲み薬と、炎症だからと湿布出されて、
2週間後にまた来て、で済まされたため、
必死に探して、水戸まで通うことになりました。

医療がいかに最先端技術であっても、その技術が、すべての医者はもちろん、
自分の知っている範囲、居住地域の医者まで行き渡っている、なんて幻想なのが現実!

親父の介護の頃から、この現実は変わってないので、
出来るだけ早く、現状把握 → 原因究明 → 治療 となるよう、動きましょう。
我々は、自分以外、頼れない立場なのですから。

親父が介護になり、超肥満を指摘されて、親子で入院したこともありました。
それで、さまざま医療を調べるようになったのですが、
親父の人工水晶体の手術の際、人工水晶体について調べてた時、
三井記念病院(2000年頃?) の赤星医師の記事を読み、執刀医の説明を聞いて、手術に踏み切りました。

赤星隆幸 医師(あかほしたかゆき)

ドクターズガイド|時事メディカル|時事通信の医療ニュースサイト  medical.jiji.com

白内障手術に「失敗」はほとんどない. そのため 手術自体に関しては,安心していただいて 大丈夫です

「四ッ谷のちょっとした眼科」って、この3番めに出てる

「四ツ谷しらと眼科」でしょうか?   四ツ谷 白戸眼科

>白内障は疑い、ではなく映像で見せられた。薬で進行止めましょうね~的 のりなのですが
現実、モニターの文字ご明らかに見づらくなっているので 仕事に支障が出てしまっています。
緑内障で 見えない部分の文字があるので、素早くスラスラ読めていた部分を 見直すこともしばしば
このまま悪化してしまうと 仕事の早さを売りに出来なくなってしまうので、困るなぁ

>仕事に支障が出てる、となれば、進行を遅らせる点眼治療やレーザー治療だと、
仕事人 人生が短くなってしまうリスクがあるかも。
我々の年齢なら、人工水晶体に換えるのも、1つの解決策として、視野に入れておきましょう。
(レーザー治療で視力回復が思わしくない場合)
私の親父は、糖尿病性網膜症で白内障になり、何年か、レーザー治療しましたが、
最終的には、打つ場所にも限度があり(眼球の奥の、視神経の滞り部分) 人工水晶体にしました。
当時で、40〜50年はもつ、つまり、100〜110歳くらいまで 交換不要という性能だから、今や 一生ものだと思います。
リスクは、いかに高性能になっても、人工的な製造物なので、
生身に 自然に馴染むか? は個人差があり、手術してみないとわからない、
視力が望み通りに回復する、とは保障できないこと。
なので、親父の時もそうでしたが、まず左右どちらか、悪い方の目を手術し、
1〜2か月、経過観察して、良好ならば、もう片方も手術する、
という二段構えで対応する病院が、ほとんどかも。

>> 左足も血管が浮き出る 動脈瘤ができ始めていて、時々 浮腫むんだよなぁ
心筋梗塞で突然死なら上等なんだけど

>足の血流も、チェックですね。
先ほど話した、85歳のバイク仲間も、バイク停止で左足を着くのが、気持ち悪い、という話を、よくしてました。

>>セイタロウ、体の強度はなかなか頑丈なんだけれども目とか、動脈瘤とかヤバいから
健康年齢はあと12年程度なのかなぁ
干支が一回りする間に いろいろやっておきたいけれども
婆さんやら妹やらで、なかなか自由にいかないんだろうなぁ

>いやいや、ジム行って鍛えているから、私より 健康年齢は まだまだ伸ばせると思います。
若い時に最高強度、持久力を上げておくことが、中年以降の健康に影響する、
と 運動能力欠如の私は痛感してます。
(中島さんにも、息子さんが運動好きなら、勉強より運動優先しよう!と勧めました)

お互い、妹より 体力維持、健康寿命をいかに伸ばすか? が人生について回る問題ですね。

 

 

You Tube  自力視力回復ちゃんねる

日本覚醒チャンネル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下肢静脈瘤 専門医療機関の紹介サイトを見つけましたが、ちょっとデータ、古いかも。

下肢静脈瘤 専門医療機関  http://varicose-vein.jp/

最近は、医療情報で、アフィリエイトサイトが上位表示されにくい、

医師、病院のサイトがヒットしやすくはなりましたが、
情報の鮮度は、まだまだ問題かも。

名医ほど、手術件数が多いほど、サイト業者に任せきりになりやすいですから。
とはいえ、1995年に 私が腰痛で悩んだ時は、ネットが無いに等しく、
本、雑誌にあたるしか、なかったから、格段に先端医療情報も得やすくはなりました。

 

2024/7/4
>>仕事があるから しばらくはリスクが取れない
何より この 度々かかるストレス 今年からますます強くのしかかる
でも、もうやめにするね

言っても書いてもどうにもならない

> お力になれず、すみません。
でも こういう家族の問題と、自分の健康、人生に関して、
理解できる人って、ほぼいないから、話せる人って、友人の中でも、ごく一部。
私自身も、相談できる人がいなくて、一匹狼で、役所とも交渉し続けてきたので、
健康と介護に関しては、無資格でもつい、リアル現実的解決策を いろいろ 話したり意見したりしてしまいます。
コンサルタントやコーチ、FPとて、このような悩み、ストレスの解決には、何ら力にならなかったです。
やはり実体験が最強ですね。
長々と失礼しました。

>>まぁ現実逃避が一番 仕事も現実逃避で ありがたいんだけれども 目がねぇ
今日は特に左目が見えにくい ぼやけちゃうんだよねぇ
あ、今週末 菊っちゃんと飲むこれもストレス解消
田中くんも もっと近くなら気軽にのめんどけんども

> 余計なお世話かもしれませんが、白内障の手術、
糖尿病等でなければ、入院しない、日帰り手術もできる、とも聞いてます。
いずれにせよ、リスク皆無、ということが無いのが、まさに医療なのですが。

今回、私が「手術する」と決断したのは、
背負っている責任と 余生、人生の残り時間を考えて「今しかない」と判断したからです。
全身麻酔、初めてだったので、果たして元通りに戻れるのか?
独り身でそこが1番、リスクを痛感しました。

目が見えなくなってしまうと、仕事も人生も、影響デカ過ぎるから、最優先課題です。
独身だと当然、家族の協力そのものが無、完全に人生、詰んでしまうので。
今週末、6日 リハビリ、7日 成田の友人宅、行きたいけど 行けない••••
すみません。

>>赤羽あたりの古アパートを 安く借りられれば 泊まり込み溜まり場 作れるんだけれども

>都合が合えば、私から東京でも、大宮でも、出ますよ。
GWに東京に出た時、赤羽の斜め向かいが、空き家になったのを確認したら、
早くも 不動産屋に抑えられてしまいました。

>> 希望者と物件があれば NPO設立してグループホームにする、とかではありそうなんだけれども。
情報収集してみる。

> 我々中心で、グループホーム、というのも、いいですね。
全国的に空き家が増えて、不動産投資家も、二極化してます。
億単位の融資を引けたり、すでに富裕層なら、地の利最優先で都心部。
地方なら、県庁所在地と、県内人口1.2位の都市。
資金が乏しいなら、空き家、ボロ家をタダでもらうか?激安で買って、DIY で直す。
これから中間層、サラリーマン大家たちが、没落しそう•••••
赤羽、北区近辺の動向は、これからもチェックします。

池袋本町あたりの とりあえず、雨露しのげる古い物件も、気にしてます。
都区内は地価が付くから、なかなか安いのが出ないし、
賃貸も 居住者の最低限の安全性を考えると(屋根が落下したり 家が傾いたり、など瑕疵による怪我等)
これからしばらく 激安の賃貸は、出にくいかも。

最安値で買うなら、相続絡みで、すぐにでも手放したい、という物件を、
1千数百万円の 現金即時払いで買う、というのが、今のところ、最強です。
(金持ちでも、ここまでの現金をポンと出せる人は、まだ少ないし、
出せる人は、融資を引いて、3Aなど、もっと高額な物件を狙うので)

むしろ 都知事選で、また小池続投になってしまったら、
中国、韓国、香港あたりの大金持ちに、都区内を買われてしまう方が
早くなる可能性が高いかも。

>> 都心にこだわらないほうがいいのかなぁ
電車は不便でも 車が使えればよくて 埼玉側の安いけど骨組みはしっかりしている物件
屋台骨はしっかりしていないとねぇ

>泊まり込みで 仲間内のたまり場的に使うなら 都心は高いので、周辺地域、
とりあえず駅から歩ける距離で、やっぱり近くにコンビニやスーパーがあるところが、良いですね。
都内は今年か?来年からか?自転車もヘルメット着用、交通違反反則金の対象になるそうですから、
クルマどころか、自転車も飲酒運転しないですむ、タクシーだと高くつく。
そのあたりを考慮しておく必要性を考えます。

あと 所有や月極賃貸という契約だと、不動産投資(不動産経営) で無い限り、
持ち出し、消費と、コスパが悪化するので、そもそも
「1か月に何回、たまり場に集まって飲み明かせるか?」利用頻度を考えてしまいます。

不動産を選ぶ場合、理想を言えば「まずは借りて住んでみる、利用してみる」ことなので、
良さ気な Air Bあたりを、数日、借りて、集まって飲んでみるといいかも。

以前、現地から写真、送った 越生パークで、まずは集まってみるのが、1番実行しやすいと思います。
2人、3人で集まれるのが、毎月でなければ、所有や賃貸より、
越生や三浦、温泉宿に 年数回、旅行がてら行くのが、気楽でコスパ抜群かも。

私なら独身で 家族の心配無用だから、鶴ヶ島、川越でも、私が移動すれば大丈夫

>> う〜んやっぱ寄り集まって1時間以内に住んだほうが良いかいいかなぁ
あとは資金かぁ
こっちはいっぱい物件ありそうだけど それは人気が無いからなんだよなぁ
まずは稼ぐことを考えたほうがいいかなぁ

>時間も予定も、未定ですが、
池袋本町とか、身近なところで、ツテでなんとかなるかも?
というところは、今後も注視します。

(Yさんの親戚、我々より高齢だから、順番なら、先に旅立たれる
物件、修繕不要、寝袋持ち込み対応で ただ寝られればいい、となれば、維持費+α で安く借りられるかも)

今でも穴場は、茨城県古河かも。
大宮から 東北線直通で 都内から通勤2時間圏内。
茨城県は 田舎者というダサいイメージなのか?
東京都区内の赤羽、関東圏の茨城、みたいな
「実は交通便利で、地元である程度のものは揃う。なのに、貧乏人居住地域みたいなイメージだからか?
なぜかダサイと思われて、不人気で不動産が安め」
あと数年したらわからないですが、
人口減と相続で放出される物件増で、むしろチャンスが来るかも。

我々の利用法なら、悪くなさそう。
昨年(2023年前半)、物件を探していた時は、まだ 780万円とか、してましたが、
私が茨城に引っ越してから、ジワジワ 500万円以下も、出てくるようになりました。
すでに 今の20〜30代は
「不動産は親や親戚から、タダでもらう時代」に突入していて
「みんなのゼロ円物件」や「空き家バンク」に問い合わせ殺到してます。
むしろ、掲載されてる物件は、権利関係が面倒だったり、
工事業者も「修繕費、経費で割に合わない」問題物件と考えていいくらい。

7/7
勝浦、鴨川あたり、まだまだこれからですよ!
空き家の隣に、さらに2回り、3回りは デカい 豪邸が空き家になって崩れかかっていた、とか、
ジワジワ、すごい状況が進んでいる感じです。
伊豆は バブル期に分譲された別荘の中には「マイナス物件」すら コロナ前から出てます。
「150万円、あげるから、貰ってくれ!」なんてのもあったそうです。
法定諸費用、あげる側が出す、という意味で、年金でメンテナンスは、リスキーな物件です。

7/8
>>あと5、6年で鴨川、いけるかしら
まずは稼がねば
少しずつ 仕事が良い感じにはなっているけれども
地域密着にすると 今度は鶴ヶ島市から離れられなくなっちゃうなぁ

> 経済面でなく、自由時間をいかに作るか?
が実現に繋がると思います。

>>じ、自由時間〜ないっ

> 自由時間が 今すぐ無理な状況ですから、
ここは最優先すべきは、先日のお話の「目の治療」です!
自分のみならず、関口家の将来は、全て、目にかかってますから!
仕事に差し支えるし、豪邸も 別荘も バイクも 目が効かなくなったら 楽しめなくなってしまいます。
お袋さん、妹はいったん置いておいて
(介護サービスに丸投げしようが、自分がやろうが、そちらの2人の治療効果は、ほぼ変わらないと思います )
自身の目の治療を進めながら、これからのことを考えましょう。

優先順位
1位 目の健康
2位 自分のわがままな時間の確保
3位 奥さんを労う
4位 お嬢さんも労う
5位 妹、お袋さんへの対応

稼いだお金で、介護のプロに全面委託して、自由時間を創出することこそ、
充分な親孝行、家族のケアと、自分の人生の充実を両立させる ベスト作戦です。

7/11
どういたしまして。お互い、身体のどこが不調でも 悩みますが、
特に目は、見えなくなってしまったら、
少なくとも、自分の人生を自力で生きられなくなってしまう 最重要健康ポイントなので、
ついつい熱く自分事で考えてしまいます。

——————
私が 健康にうるさくなった1番の理由は、
伯父、親父と「健康を失って、誰かを頼らないと人生がたち行かなくなってしまった」親族とともに、
47歳半にして30年以上、生きてきたからです。
伯父が 1983年〜2005年、親父が 2000年〜2012年、
伯父は家族の協力がありましたが、私は(お袋と妹たちが介護放棄したので) ほぼ孤軍奮闘でした。

私自身は、もはや 頼れる親族は皆無、
でも 1995年に死ぬ予定が、逆に自力で健康を取り戻せて 今があるので、
これからも「健康なくして人生なし」
安楽死でなく「尊厳死」を主張しながら、余生を生き抜く所存です。

——————
※ 赤羽にいた頃、プロジェクトチームをまとめる話、同窓会の幹事を手際よくこなす話をしてたので、
複数人でのビジネスに関しては、私の苦手な分野なので、任せ切る、
できれば関わらない方がいい、と考えていた。

そもそも、仕事を一生やめない!と言ってるから、
残り人生の自由時間を追求する私は、どうやら畑違いだ。

入退院まで お世話になってるけど、本人が まだ金稼ぐ、しかし投資はリスクだ、と矛盾してるし、
ワクチンも複数回 打って、政府役所を信頼してるようなので、私から とやかくいえない•••

常見さん、齊藤さんら、投資仲間だった友人たちですら、
ビジネスパートナーどころか、足を引っ張られる、私の時間、人生を取られる感がして、疎遠になった

所有にこだわる気持ちは わからなくもない。
借りる、となれば、相手が「貸さない」と言えば、借りられなくなる。

いや、まずは目の治療でしょ!
現状、不具合があるなら、仕事や、たまり場より、まず目を治しておかないと、
人生、自力で何もできなくなってしまう。

私なら、真っ先に 自分の健康、目の治療をする。
こうしている間も、年齢は進み、目も老化と共に、治りが悪くなるのだから。

もはや、お金のために仕事してる場合じゃ、ない。
思い入れも理解できるが、固定資産税から経費から、金食い虫の豪邸を売って、
売却益で、健康を取り戻す、最先端医療で目を治すことに使った方がいい!
と常々、考えているが、
中高年の頑固さで、発想を変えよう、とは思わないようだ。

いや、わかる!
私は親父の店が 経営難になったり、詐欺られたり、苦労したから、
見栄を捨て、経費節減することに、抵抗は無いし、
裏金議員と詐欺政府のための納税など、ふざけた洗脳には染まらないから、
小屋暮らし、ミニマム生活は、むしろ節約ゲームみたいに楽しい。

サラリーマンでうまくいってる人とは、全く、幸福度の質そのものが違う。
家、クルマは、贅沢するほど、税金もぼったくられる。

束の間、というか?
見栄を張るのか、本人が幸せなら、他人がとやかく言う筋合いではない。

私は、高級車に乗って 借金やら、資産を減らしても、見栄を張れる、なんてアホらしく、
年収3000万超えまでは、軽自動車で節約しながら、
家族親戚友人に、入院など事が起きた時には、
ポンと現金 100万でも 300万円でも、出したり
「保証人、いいよ!」と、お金の自由を存分発揮できる方が、
はるかにかっこいい、と考えている。

第一、最近は自分も年を痛感するが、
とにかく日本の気候が、辛すぎる!
夏は体温超えの猛暑は、赤道直下のシンガポールより多発してるし、
冬は ヒートショックで 心臓麻痺を起こしかねないほど、寒い!

1年のうち、もはや 10か月近くは、冷暖房が必要で、健康そのものにも すこぶる悪い。
今や、忍耐、根性で なんとかなるレベルではない!

もちろん、300万円の家より、3000万、3億円の家の方が、
見栄も快適さも段違いだが、暑さ寒さは、せいぜいエアコンや、部屋の断熱性での差で、
10倍、100倍もの 大金を投じたところで、快適さは値段ほど、上がるわけじゃない。
あくまでも、大金と引き換えて、の話だ。

かつて キャンピングカーが欲しかったが、
試しに 1box のマイカーで 実際にキャンピングカーのように車中泊してみたが、
エアコン無しで 寝袋でねむれるのは、10月後半から12月、3〜4月あたりか。
ちょっと寒いくらいが、寝袋で寝るにはちょうどいい。

エアコンの風に、直接当たると、中高年になってから、冷え症や神経痛になりやすい。
私も若い頃から暑がりで、滝のように汗にかいていた。
汗をかいてエアコンに当たるのは、かなり身体を冷やしてしまう。
この冷えは、冬の寒さとは、どうも違って、健康に悪影響だ。
しかも、高級になればなるほど、豪邸やキャンピングカーも 高級にすればするほど、
インフラ整備や 税金といった バカ高い支出が増える。

税金なんて、生命のピンハネである。
働くほど ピンハネ率も爆増する。
だから、せっかくの高級マイホームを買ったのに、家にいられる時間が短くなる。

私は、社会人になってまもなく、 額面給料より可処分所得が大切だ、と悟った。

梅澤さんのように、我慢できる人はいいが、これこそ特殊な例で、
たいてい高齢者が 熱中症で亡くなるのは、昭和時代からの我慢、忍耐、根性を捨て切れないからだ。
我慢、忍耐を捨てられず、命を捨ててるようなものだが
、本人たちが聞き入れないのだから、周囲がとやかく言うものでもない。

———
オカルトか?陰謀論か? はともかく、
首都圏直下型地震や 東南海沖地震は「もうすぐ来る」と言われて 数十年。
コロナ前は、富士宮で地下水の水温が 上がって「富士山噴火、近いのか?」とも騒がれました。
(富士宮取材の手伝いとか、富士山周辺も、何回か、行きました)

そもそも「我々が生きてる間に来るか?」もわからないですが、
今は現金を蓄えておくか? 現金で金現物を買って保管しておくか?
が 元金融機関の中の人としては、ベストに近い対応策だと思います。

————-

緑内障が発症していても、運転免許の基準となる視力を満たしていれば運転は可能
緑内障と診断されても運転できる?免許の更新と危険性について
先進会眼科     https://senshinkai-clinic.jp/

緑内障にかかったからすぐ失明するわけではない
緑内障になってから失明するまでの期間は?

「緑内障手術 名医ランキング」

Clintal 眼科/緑内障 の名医
今、こんなランキングサイトもあるんですね。

たまたまサジェスト機能で「白内障手術 名医ランキング」と出てきました。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

「ベイツス・メソッド」

http://eyesight-improver.blog.jp/

視力回復の瞬間(翻訳版)、(注釈付き): ベイツメソッド・理論編

ASIN ‏ : ‎ B0CGLJV35L

発売日 ‏ : ‎ 2023/8/24

\ 690

視力回復の瞬間: Clear Flashを起こすための7つの体操 Kindle版

ASIN ‏ : ‎ B0C9Z4LJ84

発売日 ‏ : ‎ 2023/7/2

緑内障 眼科医の私が患者ならこう対処!

名医が教える最新1分習慣大全 後悔しない!新時代の眼圧コントロール術 Kindle版

ASIN ‏ : ‎ B0B2NY4QN1

出版社 ‏ : ‎ 文響社 (2022/6/9)

平松 類 医師 他

最新版 国民のための名医ランキング 2024~2026―いざという時の頼れる医師ガイド 全国名医1020人厳選 単行本

2023/11/8

ISBN-10 ‏ : ‎ 4434328840

ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4434328848

 

お金をかけず、手軽に視力回復: 50歳過ぎからでも出来たメガネ不要生活 Kindle版

ASIN ‏ : ‎ B091NSKQ43

発売日 ‏ : ‎ 2021/4/3

——-(以下、デリケートなので、未送信)
佐々木みのり先生ブログ

未接種者の血液の需要が激増、接種者から輸血を受けた人に異常な血栓が見つかる

ワクチン未接種者の血液需要急増

『未接種者の血液の需要が激増、接種者から輸血を受けた人に異常な血栓が見つかる』

献血を極力、回避すべき理由

コロナワクチンと輸血の関連性について

ameblo.jp

kansen-yobou.com

あと••••ワクチン、2回以上、打ってたでしょうか?  ファイザー、アストラゼネカと、違うメーカーで 複数、打った場合、ロットによっては、毛細血管の血流が悪化する、血液凝固を起こしてしまう、という副反応が出てる例も、あるようです。 85歳の鳩ヶ谷のバイク仲間のように、無料だからと、何回打ったか?わからないほど、打ってても、何とも無い人もいるので、自分にどれだけ影響があるのか? は 個人差もあって、なかなかわかり難いですが。 特に 最初の頃は、ファイザーが間に合わなかった人は、アストラゼネカだったと思いますが、アストラゼネカは血液凝固の副作用が多発して、イギリス本国で早々に 見直されてた、と記憶してます。  サラリーマン、労働者は、職域接種してたけど、混合になってしまった方々が、いました。投資家仲間の 87歳の方は、正月明けに会った時、片目失明してしまったようでした。 杞憂に終わって、笑い飛ばしてくれればいいのですが、目は人体で一番、毛細血管が多く、働きも活発なので、念のため、
7/4私自身は、結果的には独身のまま 還暦まで来たけど、先日 話したように、奥さんお子さんがいても、頼っていい、という単純なことにはならない。そのことは まさに親父と店を切り盛りしてて痛感してました。 あれほど「父さん、ドクターストップかかってるんだから、もう無理しちゃ、ダメだよ!お父さんが倒れちゃったら、家族共倒れ!利益が減ってんだから、お袋に節約させなよ。」などなど、私は意見しましたが、どこぞの父親も、娘に甘く息子には厳しいようで、私の意見を制して、お袋、妹たちのために「入院なんか、してられるか!仕事しなきゃ、店開けなきゃ!」と働いてました。 私が 健康にうるさくなり、いろいろ、長々と話すようになったのは、このような親父との確執とか、さまざまあって「時間は取り戻せない」「早期発見できたら、即、治療好転を試みる」が最終的なベスト対応だったと 身をもって痛感したからです。親父が倒れたのが 35歳の時で、12年1か月、その間、お袋と妹は介護放棄で単独介護、もちろん葬式代も、祖母、親父と、私単独持ちでした。
—————-
六本木院 | 六本木・横浜の眼科専門病院 深作眼科fukasaku.jp

日本の眼科治療は世界から20年遅れている――『やってはいけない目の治療』/深作秀春 / 深作眼科院長synodos.jp
喜多美穂里 眼科科長がベストドクターズに選ばれました|ベストドクターズ|病院紹介|独立行政法人国立病院機構 京都医療センターkyoto.hosp.go.jp

眼科医に「メガネをかけている人」が多いのはなぜ?コンタクトやレーシックにしない事情とは【眼科専門医が解説】 | ゴールドオンラインgentosha-go.com

平松類 医師
眼科医平松類youtube.com

平松医師の診療を希望される方 | 二本松眼科病院へnihonmatsu.net
総武線平井駅

ーーーーーーーーーーーーーーーー

繰り返す痔ろうについて

 

自己血輸血  自分の血液を手術前に採取、術後、輸血で戻す

日本自己血輸血・周術期輸血学会

「足 動脈瘤 名医」
下肢静脈瘤|ドクターが推薦する専門医療機関varicose-vein.jp

当HPを初めてご覧いただいた方へ|ドクターが推薦する下肢静脈瘤 専門医療機関varicose-vein.jp
どうすれば治りますか?|ドクターが推薦する専門医療機関varicose-vein.jp

——————-

 

サイト作成 アフィリエイト用 無料イラスト素材
イラストック【illustock】通信

 

 - 10-健康, others, 下書き保存庫

Translate »