超速アクセス!MY リンク集

当Webサイト管理人の 厳選!リンク集

*

Hawaii の現状 ~ ワクチン世界大戦 いつまで??

   

2022年 年明けに $1 = ¥ 115 代で始まった 為替相場

(時給 1000円 = $ 8.7 )

3/22  120円突破     ($ 8.33)

4/28    130円突破     ($ 7.69)

7/14 に 140円に近づきながら、いったん 8/1 には 131円台まで円高に戻り

9/1     140円突破      ($ 7.14 )

9/7 と 9/14は     145円にかろうじて届かないところまで 円安進行 ($ 6.9 )

 

史上 最高の円高は 2011年  フィリピン移住を実行してた頃だった。

2011/8      75.939 円             ($ 13.16 )

2011/10             円高 最高値   75.556円   ($13.23 )

世界の基軸通貨、米ドルベースだと、

日本人の アルバイト 時給1000円が

2011年は $ 13 強だったのが、2022年には、$ 6.9

ほぼ 半減してしまったことになる!

裏を返せば、日本から ハワイに行くと、購買力が半減

もともと高いハワイの物価が、2倍以上になっているし、

アメリカがインフレなので、もはや 3倍どころではない感覚だろう。

 

 

ハワイは、もともと mainland (米 本土)から 物資を運搬しているので

アメリカ 50州の中では、物価高の州ではあるが、

私の体感では、1ドル 80円~90円くらいで なんとか東京の物価レベルで、

100円以上になると、若干、アメリカのほうが物価高感を感じた。

 

1991年の バブル崩壊から、失われた 30年で、

日本以外の国々の 所得レベルが上昇し、日本が相対的に貧しくなった。

 

可処分所得と 購買力では、

もはや 1ドル 360円 固定相場時代かと思うレベルだ。

 

昔(私が生まれる前だが) 帝国ホテルのスイートの1泊が、親父の初任給だったそうだ。

それでも、アメリカ人は 「日本、安い!」と 帝国ホテルのスイートルームは

アメリカ人の定番宿だったらしい。

 

私の生きてきた中では、2010年頃、

日本人からすれば、カンボジアの 4つ星ホテルが

日本円換算 1泊 2000~3000円台だったので、

「安い!」と感じたことがあったが、

今の日本は、G20 諸国から見れば

「途上国レベルの 激安オモテナシ国」

なのかもしれない。

「1ドル 360円」

1ドル360円の時代  赤木曠児郎

「労働条件もかまわず働き蟻のように働く日本人が、わが国の産業を潰す」と、四面楚歌の攻撃・・・・

1990年ごろ、オーストラリア、ニュージーランド移住を夢みていた頃、

両国が日本人移住に制限をつけ始めたが、その理由がこれだった。

確かに、このころは、働くほど豊かになれた時代だった。(遠い目)

2021/9/27

1ドル=360円時代の再来 急増する対外直接投資と環流しない企業利益の円安圧力=佐々木融

いろいろ物議を醸す発言で、経済通に? な 池上彰 氏の記事

2022/9/7

文春オンライン         どんどん上がる物価と下がり続ける円

「一生の間に 一度でいいから 海外旅行」

2004年に 父を Hawaii に連れていけて、本当に良かった!

「 当時、海外旅行に行くには成田空港がまだありませんでしたから、

古い羽田空港でしたが、家族はもちろん 親戚友人たち一同が 空港まで見送りに来て、

餞別を渡すという 大変なイベントでした。」

1976年、私も 先輩であり、その後、同級生 Fさんの ご主人となった O氏が

立教大付属高校の時、米国東部 ハリスバーグに留学するのを、

両親と一緒に、羽田空港に見送りに行った。

 

ハワイ在住 miho さん https://creators.yahoo.co.jp/miho

instagram  https://www.instagram.com/march16m/

 

サイト作成 アフィリエイト用 無料イラスト素材
イラストック【illustock】通信

 

リビンマッチ

リビンマッチ

CAMPFIRE

 - FIRE, 人生旅

Translate »